投資にはメガソーラーが便利です【お日さま集め隊】

投資に太陽を利用

基本的な解説や設置方法について

メガソーラーというのは、正確にはその名前の通り1メガ以上の発電量を誇る発電所の事を言うのですが最近は「大型の太陽光発電施設」の通称として使われることが多いようです。 メガソーラーを設置するというのは、基本は家庭用太陽光発電と大きく変わることはないのですが広大な土地と大量のパネルが必要となるので産業用が主となります。 メガソーラーの設置を考えるのであればまずは土地と太陽光パネルを用意する事になるのですが、最近では地方自治体などが資金援助や土地売買の仲介などで支援を行っている所もあります。 また構造は住居用と変わらないとは言え産業用の大型発電は申請の方法などが一般利用の物とは大きく違うので基本的に異業種からの参入であれば施工を行う専門業者に依頼する事をお勧めします。

メガソーラーが人気の理由

どこか余っている土地に太陽光パネルなどを設置するだけなのでリスクも少なく、近年になって再生エネルギーの固定価格買取り制度が始まり、発電さえできれば安定して買取って貰えるシステムが生まれたので参入しやすくなったのです。 また太陽光パネルが設置できるのであればどこでも行えるという事で、田舎の遊休地であったり耕作放棄地などの需要が無い土地でも活用でき利益を生むことファ出来るという事で、少子化による放棄地が増えてきておりその管理に頭を悩ませる地方自治体にとっても助け舟となっています。 このように各社の思惑や利益が一致した結果、インフラ関係どころか関係が無い商社などもメガソーラーに参入するという状態になっているのです。