投資にはメガソーラーが便利です【お日さま集め隊】

設置場所

設置場所

東日本大震災以降、原子力発電所の稼働が全面的に停止しているので、夏場の電力不足が警戒されています。火力発電所による発電は地球温暖化に繋がるため再生可能エネルギーの利用が求められています。電力の買取り義務の導入により太陽光発電に取り組む企業が増加しています。太陽光パネルの設置場所としては広い面積が必要と言うことで、経営が破たんして使用されなくなったゴルフ場や耕作放棄地を纏めて利用されるケースが増えています。こうした広い場所はメガソーラーの設置場所として最適です。メガソーラーは家庭用の太陽光パネルとは異なり、1,000KW以上の発電量を誇っています。再生可能エネルギーの買取り導入の際、太陽光発電は売電の価格が有利だったのでメガソーラーの設置が大いに進みました。

買取価格の低下が顕著

再生可能エネルギーがメガソーラーの設置の進行によって、太陽光発電に偏っている傾向にあります。一部の電力会社では買取価格が高いこともあり、引き取りを断るケースが出て来ています。こうした事態を打開するために行政サイドでは太陽光発電による電力の買取価格を引き下げて、その他の再生可能エネルギーの価格を有利にするということに変更して地熱や風力といった再生可能エネルギーの発電に取り組むことを推奨しています。エネルギーの安定供給という面からも太陽光発電に一方的に頼ることは気候の変動によるリスクに晒されることになります。メガソーラーによる規模の経営は今後も必要となりますが、その他の再生可能エネルギーへの取り組みも重要です。